肌に優しいワセリンで保湿して冬の乾燥を乗り切りましょう

ワセリンって何なの?

ワセリンは石油が材料になっている保湿剤です。石油と聞くと身体には悪いものだと思えますよね。今は無添加化粧品のブランドも多数展開されていますし、石油と聞くといいイメージがないかもしれません。でも、ワセリンの場合は話は別です。蒸留したものをさらに無害なように生成していますから、肌に優しくて刺激がとっても小さいんです!赤ちゃん用のベビーワセリンもあるくらいですからね。皮膚科でもアトピーの患者さんが肌を乾燥させて掻いてしまわないように、ワセリンを渡して保湿するように指導します。

ワセリンの塗り方って?

病院で処方してもらったワセリンは保険が適用されるので、安く手に入るのが嬉しいですよね。ワセリンは皮膚科以外でも安く手に入りますし、扱っているお店もたくさんありますから、入手するのはかなり簡単です。スキンケア化粧品ではありませんから、肌全体に塗ってもべたべたしてしまうので、肌のバリア機能が弱くなっていて刺激に弱くなっている部分だけに薄くのばして塗っておきましょう。それだけで充分効き目がありますし、長持ちしますよ。

どんなワセリンがいいの?

刺激が少ないものを使いたい人はシャンプーもボディソープもベビー用のものを使うことがありますが、それと同様にベビー用のワセリンを使うのもいいですよね。これなら家族みんなで同じものを使って肌の保湿が出来ます。ワセリンにも純度というものがありますから、できれば不純物の入っていないものを使った方がいいでしょう。純度の高いものは白くて透明に見えるものです。白いワセリンの中でもさらに生成しているものは目の中に入っても痛くないくらい刺激がありません。

品川美容外科の起訴について詳しく